日本語 English 中文
幕張ベイタウンの情報を発信しています!!
幕張ベイタウン商店街振興組合

千葉市の公立小中学校にはエアコンがついていないってご存知ですか?

千葉市エアコン設置署名活動実施中
 

 

千葉市の公立小中学校にはエアコンがついていないってご存知ですか?

 

 連日猛暑日や真夏日を記録し、熱中症のニュースが絶えない中、千葉県の公立小中学校の普通教室のエアコン設置率は全国平均よりかなり低い49.6%。
 その中でも千葉市は設置率0%なんです!!

 文部科学省の都道府県別エアコン設置率の調査によると、東京都の99・9%、埼玉県の76・0%に比べ、千葉県は44・5%。
 そして千葉市においては0%である。

 エアコンなしには到底過ごすことができないこの7月の猛暑。熱中症で運ばれる患者の数も増加しています。 その中でエアコンのない環境で勉強をする、子どもたちにとっても先生にとっても、なんとも過酷な状況ですよね。

 現在、国は「学校施設環境改善交付金」としてエアコンの設置には3分の1の額を補助しています。 しかしながら千葉市のすべての小中学校にエアコンを設置するには約70億円かかると市は言っています。
 財政負担が大きな課題になっていることは重々理解できるものの、平成38年まで待つということは難しい話です。

 教育予算をどこに重点配分するか、蒸し風呂状態で熱風を起こす風機が回る教室では、とても授業に集中できず、日本を担う人材育成どころか、健康状態に支障をきたします。

 エアコンはもはや贅沢品ではなく、必需品です。子どもたちが適度な室温で授業が受けられる環境を、一刻も早く整える必要があります。 優先順位をもっともっともっと上げていただきたいと強く思います。

 そこで皆さまのお声をもっと市に届けたいという願いから、オンラインにて署名を集いたいと思います。 千葉市の公立小中学校にエアコンを一刻も早く設置していただきたい、この意見に賛同いただける方はぜひ署名を宜しくお願い致します。

千葉市小・中学校エアコン設置のオンライン署名ページはこちら