新しい生活様式で増える不調…上手く対処する方法

こんにちは。
BLUE LAGOON 理学療法士のMayumiです。
急激な生活様式の変化から一年。
お仕事の仕方が変わった方も多いことと思います。
今回は、そんな方にも役に立つ健康情報をお届けします。

 

コロナ渦…増えている不調

テレワーク。

 

会社に出社しなくとも自宅でお仕事ができ、通勤時間の短縮にもなるし、導入されて凄く良かったという方もいらっしゃることでしょう。

 

一方で、ご家庭というお仕事する為の環境でない中でのデスクワークが身体に負担になっている方。また、ずーっと座りっぱなしによることでの腰痛や肩凝りに悩んでいらっしゃる方も多くいらっしゃるかと思います。

 

実際に

 

・座り時間が長くなったり

・環境整備不良(身体に合わない座面や机の高さ、等)

 

などで、腰痛や肩凝りは悪化しやすいと言われています。

 

座面と接するお尻が長時間圧迫され続けると、血行不良となり、その結果、お尻の筋肉が硬くなりがちです。

そして、お尻の筋肉は腰の筋肉と繋がっています。お尻の筋肉の硬さが、腰の筋肉を引っ張ってしまい、腰痛に繋がっていく…

 

痛みがある中でのお仕事、なかなか効率も良くないでしょうし、やはり痛みがないに越したことはない!

 

ということで!

 

既に身体が悲鳴をあげている方も、その予備軍の方にもオススメのストレッチをご紹介します。

 

お尻のストレッチ

① 椅子に浅く腰掛け、足の裏を床にしっかりつける

 

② 片脚をもう一方の脚の上に乗せる

③ 上半身を前に倒して、お尻を伸ばす

 

 

ポイント

背中は丸めずに行います。

下っ腹を太ももに近付けるように上半身を倒すと、上手くストレッチ出来ますよ。

 

身体に負担になりにくい座り方

また座り方も大切です。

 

どちらが良い座り姿勢でしょうか?

一見、Aの方が姿勢が良いと思われがちですが、これでは背筋に力が入り、ずっとこのままの姿勢で座り続けるのが難しくなります。

もし続けられても、腰痛や肩凝りを起こしやすくなる姿勢です。

 

オススメはBの座り方。

 

骨盤に注目です。

骨盤を起こした状態で座ります。

脚の付け根(鼠蹊部)に何かを挟み込むような意識をすると、骨盤が起き上がります。

Mayumi
上半身の力は抜きましょう!
無理に胸を張ったりせずにリラックス。

 

こう座ることで、腰や肩への負担は減らせますよ。

 

それでももし骨盤を起こし続けることが難しければ、お尻の後ろ1/3に丸めたタオルを敷いて座ってみると…

 

あら不思議!

骨盤を起こした状態をキープ出来ます。

 

 

 

今回お伝えしたストレッチや座り方は、テレワークの方だけでなく、子育て真っ只中のママさん(授乳やオムツ替え、床に座っての遊び相手…毎日お疲れ様です!)にもオススメです。

 

皆さまの日常が、少しでも質の良いものになりますように。

 

おすすめの記事