日本語 English 中文
幕張ベイタウンの情報を発信しています!!
幕張ベイタウン商店街振興組合

海外は無料でWi-Fiにつなぎ放題?日本と海外のフリーWi-Fi事情

ベイタウンにFree Wi-Fiがあるといいな〜

最近、日本では、Free Wi-Fiが使える場所が増えてきましたよね。スマートフォンやタブレットを利用する人が増えているなか、Wi-Fiスポットは欠かせないものになってきています。現状、ベイタウンにはネットと電源が自由に使えるところは、ほぼない!笑

ところで、海外諸国においては、フリーWi-Fiはどの程度整備されているのでしょうか。観光やビジネスで海外を訪れることの多い人は、どうやってインターネットにつながるか、Wi-Fiルーターのレンタル利用を検討するべきか、考えるところかと思います。そこで今回は、海外のフリーWi-Fi事情について、日本と比較しながら見ていきましょう。

 

日本のフリーWi-Fi事情は?


日本は世界から見ると、残念ながらフリーWi-Fi環境の整備が遅れていると認知されているようです。平成28年度に実施された、外国人旅行者に対するアンケート調査結果によると、旅行中困ったことの第2位として「無料公衆無線LAN環境」が挙げられており、28.7%でした。

日本においては、街中のフリーWi-Fi利用率が高くないようです。平成26年度(2014年度)版情報通信白書における「公共・観光施設におけるプライベートでの無料公衆無線LANの利用状況」によると、フリーWi-Fiを「ほぼ使う」「よく使う」「たまに使う」「使わないが、過去に使ったことがある」と回答した人の合計割合は、アメリカ約50%、シンガポール約80%だったのに対し、日本はわずか30%でした。

 

なんで日本はFree Wi-Fiが整ってないの?

このことには2つの理由が考えられます。

1つ目は、日本のスマートフォン利用者のほとんどが、携帯電話会社とキャリア契約していることです。キャリア契約により、パケット通信が、使い放題で快適に利用できるので、公衆のフリーWi-Fiを使う機会が少なくなっていると考えられます。一方、海外では、プリペイド携帯の利用が多いことで、パケット通信量が少なかったり、高額になったりするため、フリーWi-Fiの利用度合いが高くなっていることがあげられます。

2つ目の理由は、日本人のセキュリティ意識が高い傾向にあることです。株式会社シマンテックが2017年、世界15か国各1,000人を対象に実施した調査「ノートンWi-Fiリスクレポート」によると、フリーWi-Fiについては、世界の国々において約6割が安全だと認識していたということです。たとえば、インドでは74%、アメリカでは69%、フランスでは69%が「安全である」と回答しています。これに対して日本は、「安全である」と回答した人は39%と、15か国中世界最少でした。
他にも理由は考えられますが、大きな理由としては、上記2つがあげられるでしょう。

「海外は無料でWi-Fiにつなぎ放題?日本と海外のフリーWi-Fi事情」より

 

Free Wi-Fiのメリット・デメリットはありますが、一度ベイタウン住人の方にアンケートをとってもいいかもしれませんね!

Instagram
Instagram