ドゥーラ清水のほっこり小話 

梅雨入りし、雨の降る日が増えましたね。

街角に咲く、紫陽花がとても綺麗でついつい目で追ってしまいます。

6月も残りわずかですね。

みなさま、お元気にお過ごしでしょうか?

今回は、ドゥーラ清水のほっこり小話をお届けします。

 

育児と家事に大忙しのお母さん。

こども達の話にじっくり耳を傾けたいけれど、そうもいかない時もありますよね。

私もそんな一人。

 

我が家には小学生と幼稚園児、3人のこども達がいます。

「ねぇ、ママ~」「ママ、あのね~」「ママ、今日ね~」

毎日繰り広げられる、ママ攻撃。

ママ攻撃を受け留めていくのも、大変。

正直なところ、「そうなんだ~」と聞き流すことも…

 

家事と準備に忙しい朝、こどもからこんな質問を受けたのです。

「ママ~、動物の赤ちゃんはお母さんとずっと一緒にいるのに、どうして僕はママと離れて幼稚園に行かないといけないの?」

かわい過ぎる質問に、ほっこり笑顔に。

この子は、こんな風に思っているんだな…と新たな一面を発見しました。

 

時間に追われ、忙しい時もあるかと思います。

時折、こども達の話にじっくり耳を傾けると新たなは発見があるかもしれません☆

 

雨が続いたり、時折夏のような日差しが射したり。寒暖差の激しい時期です。

みなさま、体調にはお気をつけください☆

おすすめの記事