『幕張新駅』2023年春に開業予定!

JR京葉線の海浜幕張-新習志野駅間に設置される「幕張新駅」(千葉市美浜区)で、幕張新都心拡大地区新駅設置協議会(代表・熊谷俊人千葉市長)とJR東日本千葉支社は30日、開業予定時期を2023年春と発表しました。千葉日報オンラインより

今のところ、幕張新駅(仮称)と呼ばれていますが最終的な駅名は何になるんでしょうかね?

そして、この新駅完成で一番恩恵を受けるとされている「イオン」は駅の工事事業費にも大きく貢献しているようですね。事業費は新駅開業による恩恵が大きいイオンモールが2分の1、県と千葉市、JR東がそれぞれ6分の1ずつ負担している模様。

商業施設も数多く隣接する幕張新都心では幕張メッセが東京オリ・パラの競技会場となり、海外からの注目も追い風になるかもしませんね。幕張ベイタウン商店街としては、海浜幕張駅ですらベイタウンからは少し遠い印象があるので、よりたくさんの方に足を運んでいただけるよう、私たち幕張ベイタウン商店街も魅力的な街にしていけるよう頑張っていきます!

おすすめの記事